「まさか自分が」熊本地震の被災者に震災体験と地震への備えを聞きました

2016年4月16日の熊本地震本震で壁が倒壊した益城町の家屋(杉中正人さん提供)
2016年4月16日の熊本地震本震で壁が倒壊した益城町の家屋(杉中正人さん提供)

熊本地震から今日で1年。熊本県益城町では、観測史上初めて震度7を2回記録し、町内の住宅のうち9割以上が被害を受けました。

 

明日発行の道新りんご新聞4月15日号では、益城町の実家に帰省中に被災した平岸在住の杉中正人さんに、「巨人の手でつかまれたと思った」という震災体験と、「今すぐ取りかかるべき」地震への備えについて伺いました。

 

本震で家具が倒れ、物が散乱した室内(杉中正人さん提供)
本震で家具が倒れ、物が散乱した室内(杉中正人さん提供)

道新りんご新聞は、有事の際に地域の防災・安全情報を発信し、地域住民の安全を守ることを目的として創刊しました。平岸防災では、ローカルな災害特性を発信することで防災意識を高め、いざという時に備えてもらうことを目的として連載を続けています。

 

しかしながらその目的は全く果たせていないと痛感しています。防災に対して意識の高い人はごく一部であり、大多数にとっては他人事だからです。

 

私はこれまで歴史でも防災でも、もともと興味を持っている一部のマニアックな人々を対象にするのではなく、あまり関心を持っていない人にどう興味を持ってもらえるかを考えて情報を発信してきました。

 

おかげさまで、「平岸の歴史を訪ねて」はそれなりに反響があり、歴史に興味のない方にもある程度浸透したという手応えがあります。

 

一方、「平岸防災」は残念ながらあまり反響がありません。ひとえに私の実力不足というのもありますが、札幌市民の災害に対する当事者意識が押しなべて低いという問題もあると思います。

 

この1年、できるだけ防災関係のシンポジウムや講演会に足を運び、被災者の体験を聞く機会を作ってきました。その中で誰もが「自分が被災するとは思わなかった」と口を揃えて言っていました。

 

幸い札幌はこれまで大きな地震を経験することなく歴史を積み重ねてきました。その事自体は大変ありがたいことですが、一方で「札幌は安全である」「大きな地震は起こらない」といった根拠のない思い込みが蔓延しています。

 

しかし、昨年の熊本地震はまさしく住民がそう思っていた土地で起きたのです。「たぶん起きないだろう」という思い込みにまかせて自分や家族の命を危険にさらすのではなく、「万が一起きるかもしれない」と思って準備することが大切です。

 

今回お話を聞いた杉中正人さんも、「まさか自分が被災するとは」と仰っていました。そして、その反省から平岸の住民に少しでも役に立てればとの思いで、道新りんご新聞に情報提供してくださったのです。実際に取材してみて、大地震を経験した方にしかわからない恐怖感というものを肌で感じました。明日の道新りんご新聞はぜひ家族でお読み下さい。そして、まだ災害に対する備えをしていない方はすぐに準備して下さい。あなたとあなたの家族のために

 

※札幌人が知っておくべき3つの地震リスク~2010年に清田区で発生した直下型地震を振り返る

※札幌の直下型地震過去100年で34回発生、液状化現象も

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    東京で3・11東日本大震災を経験して (土曜日, 15 4月 2017 12:15)

    山手線の車中で3・11東日本大震災に遭遇しました。約3時間後、緊急脱出で救出されましたが、その時、渋谷駅は帰宅難民で溢れており、どうすれば良いか戸惑いました。電車は動かず道路は大渋滞。土地勘はあっても、いざという時は頭の中に地図を描けず、渋谷駅にとどまっていました。暗くなり始め、不安になり、避難所の一つであるA学院大学に向かいました。
    驚いたのは、(中には大学関係者もおられたと思いますが)避難所の担当者が冷静かつ役割分担をして避難をしてくる人達を的確に受入れていたことです。普段から(その回数はともかく)訓練や役割・担当を明確化していないと、このようにはできないと思いました。訓練の重要性を認識しました。次に、ラジオで情報が流されており、避難している人達が同一の情報を共有することで動揺を抑え、安心感が生まれていたように思います。情報のあるなしで随分違うと思いました。
    この経験から、いざという時、地域に密着した(地域限定の)情報発信の有無が重要となると考えています。願わくばそのような機会がないことが望ましいのですが、「道新りんご新聞」に期待するものは大きいと思っています。
    最近、鬼界だったか姶良カルデラだったか九州南部の海底に巨大な溶岩ドームの存在が確認され、これが超巨大噴火をすると岩手県まで火山灰の降灰があり、日本は壊滅的な被害が発生すると聞いたことがあります。これは約1万年ごとに噴火を繰り返しているようです。3・11東日本大震災の震源域では、1,000年毎に大きな地震が発生していると聞きます。1万年とか1,000年とかは、余りにも長いスパンであり、具体的にイメージができないために現実感が薄れてしまいます。
    平岸には月寒断層、石狩断層があります。しかし、その活動の実態がつかめない、すなわち、地震のスパンが長いとすると、そのため、「地震とは無縁」と思いがちなだけだと受け止めています。実際にはそうではないはずですし、その意味で平岸の震災や防災に関する情報を引き続き掲載をして頂けたらと思っています。

  • #2

    道新りんご新聞 (月曜日, 17 4月 2017 13:44)

    コメントありがとうございます。札幌は大きな災害を経験しておらず、どうしても他人事のように捉える人が多い中、当事者としての証言は大変貴重なものだと思います。

    災害時に必要とされるのはローカルな情報です。しかし、災害の規模が大きくなるほどマスコミではきめ細かな地域の情報に対応できなくなります。そのため、新聞販売所を地域情報の発信拠点にしたいと思っております。

    正直申しまして、災害時にどこまで情報発信できるかわかりませんが、少しでもお役にたてるよう日頃から地域でのネットワーク作り、信頼関係づくりをより一層取り組みたいと思います。

    道新りんご新聞で不定期連載中の「平岸防災」では、今後も「避難所運営」、「非常時の地域情報の発信」など身近なテーマを取り上げていきたいと思っておりますので、温かく見守りくださいますようよろしくお願いいたします。