ファイターズ応援企画 ペアチケット100名様にプレゼント!!

7月20日(金)~22日(日)のソフトバンク戦と、8月7日(火)~9日(木)の東北楽天戦のファイターズ公式戦ペアチケットを100名様にプレゼント(この企画は北海道新聞永田販売所エリアにお住まいの方が対象です)!!

 

ご応募は、投稿フォームから、お名前、ご希望カード、ご連絡先、道新りんご新聞・販売所に対するご意見を入力して送信してください(FAX・ハガキでもお申込みできます)。

 

締め切りは7月3日(火)。当選者の発表はチケットのお届けをもってかえさせていただきます。

 

※お寄せいただいた個人情報は当販売所において適切に管理させていただきます。また、当販売所から各種ご案内などをお送りする場合がございます。

メモ: * は入力必須項目です


0 コメント

劇作家・久保栄 没後60年 23、24日「林檎園日記」北翔大生ら上演 日中戦争時の平岸が舞台

札幌出身の劇作家・久保栄(1900~58年)の没後60年にちなみ、代表作「林檎園日記」が23日(土)と24日(日)の午後2時から、北翔大北方圏学術情報センター・ポルトで上演ます。

 

「林檎園日記」は日中戦争時の平岸が舞台で、リンゴ農家の没落と人間模様を丹念に描いた作品。4幕構成で本来は3時間半程度かかりますが、元の戯曲の味わいを生かしつつ2時間ほどに再構成しました。同大生や卒業生、非常勤講師らが出演します。一般前売り2800円(当日3千円)、学生千円(同1500円)。

 

このほか同施設で、久保を長年研究する桐朋学園芸術短大の井上理恵特別招聘教授の講演や、久保の原稿などを展示する回顧展も開催されます。問い合わせはいずれも村松研究室(電)011・387・3969へ。

 

講演、回顧展の概要は次の通り。

▽講演 23日(土)午後4時30分、「21世紀に生きる久保栄―『林檎園日記』の今」▽久保栄回顧展 18日(月)~24日(日)の午前9時~午後8時(最終日午後5時)

0 コメント

ビールの原料「麦とホップ」を託されたエドウィン・ダンとルイス・ベーマー

6月21日午前10時よりFMアップル(76.5MHz)で放送の「平岸情報ステーション りんご新聞より」では、「平岸の歴史を訪ねて 開拓編」としてサッポロビールの歴史を取り上げます。

 

 

『麦とホップを製すればビイルとゆう酒になる』。明治9年に行われた開拓使麦酒醸造所の開業式で掲げられたこのスローガンにあるように、大麦とホップはビールの製造に欠かせません。しかし、北海道だけでビールの製造に適した品質の高い大麦とホップを安定的かつ大量に供給することは困難でした。このため、開拓使は外国から原料を輸入しビールを製造していましたが、殖産興業の観点から開拓長官の黒田清隆はビールの原料の国産化を厳命します。その困難なミッションを遂行したのがエドウィン・ダンとルイス・ベーマーの二人のお雇い外国人でした。その他の平岸のイベント情報や気になるニュースをピックアップしてお届けします。お楽しみに。

 

※これまでの放送は、道新りんご新聞公式Youtubeから視聴できます。

0 コメント

“日本一しゃべれないパーソナリティ” ラジオで視覚障害者を支援

めまいや歩行障害が生じる脊髄小脳変性症を発症し、口話障害を持つ自称“日本一しゃべれないパーソナリティ”林芳彦さんが、視覚障害者を支援するための番組を今年1月からスタートしました。

 

FMアップル(76.5MHz)で毎週水曜日19時から20時まで放送中の「繋ラジ~1週間を繋ぐラジオ~」。この番組に出演するのは、札幌視覚支援学校の指導員や教諭、盲学校の卒業生たちです。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

【札幌】地震・地震防災情報まとめ【豊平】

平岸防災情報のページでは、平岸地区の防災マップがダウンロードできるほか、避難所、公衆電話、防災倉庫、AED設置場所など安全に関わる情報をまとめています。非常時に備え、「情報の備蓄」としてブックマーク登録をお勧めします。

 

札幌地震・防災マップでは札幌市内の想定震度が掲載されています。ご自宅周辺の想定震度を確認しておきましょう。

 

札幌周辺に3つの活断層~震度7の可能性も札幌人が知っておくべき3つの地震リスクでは札幌の地震災害のリスクについて詳しく解説しています。札幌は決して「地震の少ない街」ではありません。最悪の事態に備えて、万全の備えをしておきましょう。

 

※地域の災害情報を発信 道新りんごブログ~防災カテゴリー~

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴
北海道新聞・道新スポーツ7日間のお試し読みが出来ます♪
地元密着の地方版もお見逃しなく
お申込みはこちら
0120-128-348
https://www.doshin-apple-news.jp/新聞を読む/
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

0 コメント

道新りんご新聞6月15日号 自衛隊病院跡地最新情報など

道新りんご新聞6月15日号「平岸の歴史を訪ねて」では、昭和13年に竣工した下本村共同選果場を取り上げました。この建物は今では札幌珈琲館平岸店として地域に親しまれています。

 

建物の外観を注目すると1階にはほとんど窓がないのに対し、2階は大きな窓が連なっており、1階と2階でデザインが大きく異なっていることがわかります。このデザインの違いは、建築当初の1階と2階の機能の違いを表したものでした。

 

その他、「自衛隊病院跡地 最新情報」「YOSAKOIソーラン祭り in 平岸」「FMアップル便り」など地域の気になるニュースが満載!道新りんご新聞は、毎月1日・15日の平岸地域の北海道新聞に折り込んでいます。

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴
北海道新聞・道新スポーツ7日間のお試し読みが出来ます♪
地元密着の地方版もお見逃しなく
お申込みはこちら
0120-128-348
https://www.doshin-apple-news.jp/新聞を読む/
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

竣工当時の下本村共同選果場
竣工当時の下本村共同選果場
札幌珈琲館平岸店
札幌珈琲館平岸店

0 コメント

真駒内でブラリンゴ 開拓と占領の痕跡を訪ねて②酪農の原点

北海道の開拓は、開拓使長官黒田清隆とお雇い外国人のケプロンの手で進められました。彼らの構想は、北海道に欧米の技術を導入することで、一躍欧米並みの水準に達せしめようという壮大な計画であり、あらゆる分野の専門家がから招へいされました。その中の一人が若干24歳の青年エドウィン・ダンでした。彼の役割は酪農と牧畜を日本に広めることであり、その基地として選ばれたのが真駒内でした。

続きを読む 0 コメント

YOSAKOI閉幕 平岸天神は準大賞

初夏の平岸を力強い演舞で彩った「第27回YOSAKOIソーラン祭り in 平岸」が平岸街道で行われ、踊り子たちが躍動感あふれる演舞を披露しました。

平岸会場では北海道内外の53チームが参加。鳴子を手に、色とりどりの衣装を身にまとった踊り子たちが、鮮やかな舞を披露しました。ラストを飾った平岸天神が踊りを披露すると、会場に詰めかけた観客からは大きな歓声が寄せられました

祭りの最後を飾る「ファイナルステージ」には、豊平区から平岸天神と粋~IKI~ 北海学園大学の2チームが進出。大賞には北海道枝幸町の「夢想漣(ゆめそうらん)えさし」が輝きました。平岸天神は準大賞で、昨年に続く連覇を惜しくも逃しました。

※道新りんごブログ~地域情報カテゴリー~

0 コメント

真駒内でブラリンゴ 開拓と占領の痕跡を訪ねて①真駒内用水

6月3日に行われた真駒内駐屯地創立記念行事に見学に行ってきました。この日は普段立ち入ることのできない施設の一部が解放され、だれでも見学できます。

 

真駒内用水

真駒内用水は明治9年に開かれたエドウィン・ダンの真駒内牧牛場に農業用水を供給するため明治12年に作られました。当初は、真駒内柏丘付近の真駒内川から取水し、牧牛場を経て豊平川へ流れていました。

真駒内駐屯地内を流れる真駒内用水
真駒内駐屯地内を流れる真駒内用水

続きを読む 0 コメント

探偵ナイトスクープに出演したはだしの野生児・西川大和さん 世界チャンピオン目指し総合格闘家へ

道新りんご新聞で連載中の平岸人図鑑。現在は編集長が出向中のため休載していますが、出向が今月いっぱいで終了しますので、近いうちに再開する予定です。

 

さて、現在出向中の道新伏古販売所が毎月発行するミニコミ紙「道新伏古販売所だより」で、新たな企画「道新伏古図鑑」の連載がスタートしました。

 

昨年出向していた道新青葉中央販売所では、地域の歴史スポットをわかりやすく・奥深く案内する「厚別ブラ歩き」の連載を、札幌建築鑑賞会代表の杉浦正人さんの執筆協力により開始することが出来ました。

 

道新伏古販売所では、「平岸人図鑑」を手本に、地域のヒト・モノ・コトを繋ぐ親しみのもてる連載を始めたいと思っていました。そこでスタートした企画が「道新伏古図鑑」です。連載物は1回目のインパクトが重要であり、ここで読者の興味をつかむ必要があります。

続きを読む 0 コメント

道新りんごブログ~月別アーカイブ

過去の記事は、道新りんごブログの月別アーカイブのページを開き、メニューバーからお読みになりたい年月を選んでクリックしてください。