FMアップル出演情報 “とうきびワゴン”と“世界ふしぎ発見!”の意外な関係

重延卯平(札幌百年のひとびとより)
重延卯平(札幌百年のひとびとより)

大通公園のとうきびワゴンといえば札幌の風物詩として知られています。

一方、世界ふしぎ発見!は放送開始から今年で31年目を迎える長寿番組です。

 

この一見無関係な両者は、平岸(東裏)に偉大な功績を残した重延卯平という開拓者と大きな関わりがあります。

 

明日9月21日午前10時よりFMアップル(76.5MHz)で放送の「平岸情報ステーション りんご新聞より」では、「平岸の歴史を訪ねて 開拓編」として東裏の発展に大きな貢献を残した重延卯平を取り上げます。

 

その他の平岸のイベント情報や気になるニュースをピックアップしてお届けします。お楽しみに。

 

※これまでの放送は、道新りんご新聞公式Youtubeから視聴できます。

0 コメント

道銀平岸支店行員 還付金詐欺防ぐ

9月15日北海道新聞夕刊
9月15日北海道新聞夕刊

※9月15日北海道新聞夕刊9面より

還付金詐欺の被害を防いだとして、札幌豊平署は、北海道銀行平岸支店行員の伊辺弥佳さんと南山有希さんに感謝状を贈りました。

 

8月8日、女性が携帯電話で話しながら平岸支店のATMを操作するのを、客が目撃。連絡を受けた南山さんが女性に話を聞き、上司の伊辺さんが同署に通報しました。女性は保険料の還付金名目で現金をだまし取られそうになっていました。

 

南山さんは「大切な財産を守ることができてよかった」。伊辺さんは「お客さまの協力が被害を防ぐ力になると実感した」と話しています。

 

北海道新聞1週間無料お試しキャンペーン実施中!

0 コメント

平岸高の校名変更 「市立札幌平岸高等学校」に

※9月14日北海道新聞朝刊より

来年4月から、平岸高校の校名が変更されます。現在の校名には「北海道」が付き、道立高校と間違われることもあり、「市立」と明記し、明確に区別するのが狙い。

 

変更されるのは、平岸高、旭丘高、新川高、清田高、藻岩高、啓北商業高の6校。「北海道札幌平岸高等学校」は「市立札幌平岸高等学校」に変わります。

 

札幌市教委が16年度に市立高生を対象に行った調査では、15%が「自分が通っている学校が市立であることを入学前に知らなかった」と回答。保護者や市民にも十分に知られているとは言えない状態でした。市教委教育推進課は「市立高であることを前面に出し、特色をしっかりPRしていきたい」としています。

 

北海道新聞1週間無料お試しキャンペーン実施中!

0 コメント

タックル思いきり 平岸高台小でラグビー選手が授業

※8月29日北海道新聞朝刊より

ラグビートップリーグのNECと豊田自動織機に所属する現役選手2人が平岸高台小を訪れ、5、6年生の児童60人に特別授業を行いました。

 

札幌ドームも会場となっている2019年のラグビーワールドカップ日本大会に向け、日本ラグビーフットボール協会が「スクラム先生プロジェクト」と題して企画。ラグビー人気を高めようと、今後もW杯試合会場の所在都市で予定しています。

 

全国の皮切りとなった平岸高台小では24日、NECの川村慎、豊田自動織機の磯辺裕太両選手が「先生」役を務めました。児童たちはパスつなぎやボールをバウンドさせるゲーム、両選手への「タックル体験」などを通じてラグビーの面白さを学びました。

 

川村選手は「ラグビーはポジションによって体格や役割もさまざま。みんな違ってみんないい、というスポーツなんだよ」などとラグビーの魅力を語りました。5年生の境澪哉(れいや)君(10)は「本物の選手はすごく大きくて格好良かった。ラグビーを将来やってみたい」と目を輝かせていました。

 

北海道新聞1週間無料お試しキャンペーン実施中!

平岸高台小ホームページより
平岸高台小ホームページより

0 コメント

道新りんごブログ月間アクセスランキング(2017年8月度)

先月の道新りんごブログのアクセスランキングです。

 

第5位 平岸ハイヤーがサピカに対応 タクシー会社で初

WAONなどの電子マネーも使えるようになりました

 

第4位 MEN-EIJI 由仁町の農園でもぎたてとうきびを使った限定ラーメン提供

食べたかった・・・

  

第3位 沼田安太郎の悲劇 二百三高地陥落二時間前の死

「平岸の歴史を訪ねて」の連載を決意した原点です

 

第2位 中の島のりんご倉庫✕札幌国際芸術祭

りんご倉庫の中を見学できる貴重な機会です

 

第1位 平岸配水池の超巨大“緊急遮断弁” その驚くべき機能とは?

万が一に備え、日頃から水を備蓄する習慣をつけておきましょう

 

※これまでの月間アクセスランキングは、こちらのページからご覧ください。

0 コメント

切り絵師の世界にふれてみよう! とよひら子どもユメひろば

10月1日HTB北海道テレビonちゃんカフェで、切り絵師のお仕事を学習、体験できる講座が開催されます。

 

対象は、豊平区内の小学校に通う小学生4、5、6年生(定員10名)で、☎011-822-2427(豊平区市民部地域振興課)、またはお申込みフォームからお申込できます(先着順)。

 

詳しくは、豊平区のホームページをご覧ください。

 

※関連ページ:平岸界隈イベント情報

0 コメント

厚別ブラ歩き

道新りんご新聞のごあいさつのページに、創刊の目的を掲げています。

 

「道新りんご新聞は、平時には平岸住民の豊かな文化的生活を支え、非常時には地域の安全を守るお手伝いをしたいと思います。地域情報の発信こそ新聞販売所の使命であるという考えが、この平岸を起点として日本中に広がることを目指して邁進いたします」

 

ネットの世界で検索できない身近な地域に光を当て、地域を結びつける・・・そうした取組が道新りんご新聞創刊から1年半が経ち、少しづつ実を結び始めました。

 

以前も書きましたが、道新りんご新聞編集長(伴野卓磨)は7月から1年間研修中のため、平岸を離れております。現在は新さっぽろの道新青葉中央販売所で研修中ですが、研修にあたり個人的に取り組んでいることがあります。上記に掲げた道新りんご新聞的情報発信を他の新聞販売所にも広げていくことです。

続きを読む 0 コメント

こども食堂を食べて応援!こりめカレースタンプラリー

今年2月に販売を開始した「こりめカレー」のスタンプラリーが11月30日まで開催されています。

 

「こりめカレー」は、豊平区の名産品であるりんごと羊を使用したご当地カレーで、駅前咖哩 Vege(平岸3-13)、Cafeとまり木(平岸3-7)など5店舗で提供されています。一食あたり料金の3%が豊平区内で活動するこども食堂へ寄付される仕組み。

 

期間中に参加店で「こりめカレー」を食べると押してもらえるスタンプを集めて応募すると、豊平区のキャラクター「こりん」と「めーたん」のフィギュアストラップやテーブルウェアセットが抽選で当たります。専用スタンプ台紙は参加店と豊平区役所と地域振興課で配布しています。

 

スタンプラリーについてのお問合わせは、豊平区商店街連絡協議会☎822- 0014(平日10時~15時)まで。

駅前咖哩Vegeのこりめカレー
駅前咖哩Vegeのこりめカレー

0 コメント

地域と歴史とアートのお祭り 天神山文化祭2017

9月23日(土)・24日(日)に、第4回目となる天神山文化祭が開催されます。天神山アートスタジオの滞在アーティストと地域の方々で企画するワークショップやイベント、音楽演奏の他、周辺小学校から集めたアートプレートの展示など、様々な企画が目白押しです。

 

【天神山音楽祭】24日16時~18時

 

地元アーティストによる音楽演奏。ジャズやみんなが知っているあの曲も!

 

 

【佐藤隆之切り紙ワークショップ】

両日1日2回、11時半~12時半、13時半~14時半。一本のハサミと一枚の紙で超リアルな昆虫の切り紙を作ろう!

 

【ポテトワークショップ】両日、12時半~13時半。ジャガイモを使って科学?参加者にはプレゼントも!

 

 

ブラリンゴ in 天神山文化祭】23日、14時開始、要予約

南平岸駅から天神山周辺を歩きながら、道新りんご新聞の編集長が分かりやすく解説する歴史探索ツアー。札幌の地形の成り立ちや、平岸の開拓期から現代にいたるまでの歴史をたどります。

 

【うわさんぽ】24日、14時開始、要予約

天神山周辺地域を散歩しながら、場所や歴史にまつわるうわさ話を聞いてみよう。

 

■参加申し込み・お問い合わせ

天神山アートスタジオ

 

※平岸界隈イベント情報


0 コメント

まち歩きイベント「ブラリンゴツアー」開催のお知らせ

南平岸地区の歴史探索ツアー「ブラリンゴ in 天神山文化祭」を9月23日(土)14時から開催します。

 

南平岸駅から天神山界隈の様々な歴史スポットを道新りんご新聞編集長がわかりやすく解説。札幌の地形の成り立ちや、「麻畑村」と呼ばれていた開拓期から国内有数のりんごの生産地だった時代を経て現代に至るまでの歴史をたどります。

 

◆日時:9月23日14:00地下鉄南北線南平岸駅改札口前集合

◆まち歩きコース(予定)

南平岸駅~精進川~天神山で解散(1時間半程度)、雨天決行

◆お申し込み先

北海道新聞永田販売所☎0120-128-348

◆定員:20名(先着順)。参加費は無料。


1 コメント

道新りんご新聞9月1日号

道新りんご新聞9月1日号のご紹介です。

 

 ・平岸の歴史を訪ねて~りんご編~ りんご実る

明治8年開拓使から平岸村にりんご425本が配布されます。しかし農家にしてみれば、西洋りんごという見たことも、食べたこともないものを半ば強引に押し付けられ、困惑してしまいました。残念ながらその多くは冷遇され、住居の片隅に乱雑に試植されていたにすぎませんでした。

 

・防災イベント「イザ!カエルキャラバン!」平岸高台小で実施

8月26日(土)9時30分から平岸高台小学校で、子ども向け防災イベント「イザ!カエルキャラバン!」が実施されました。震災時に必要な知恵や技を楽しみながら身に付けてもらうことを目的とし、ゲーム形式で様々な防災体験が行われました。

 

その他、9月のイベント情報や天神山アートスタジオ便りも掲載しました。平岸の毎日を楽しくするヒントが満載の道新りんご新聞は、毎月1日・15日の平岸地域の北海道新聞に折り込んでいます。

北海道新聞1週間無料お試しキャンペーン実施中!

0 コメント

久住さんを悼んで

元久住書房の社長、久住邦晴さんが亡くなりました。私は面識はありませんが、この業界に入って1年目、大谷地の久住書房が受持エリアだったこともあり、その頃から注目していました。

 

久住書房といえば「なぜだ!?売れない文庫フェア」「中学生はこれを読め!」などのユニークな企画で全国的にも知られています。

 

活字離れという難題に対して久住書房は、書店自ら商品に付加価値をつけ、プロモーションを仕掛けていくという画期的な取り組みをされていました。

 

従来型の訪問営業一辺倒の新聞販売業界のあり方に対して疑問を持っていた私にとって、久住書房の経営方針は大いに学ぶところがありました。

 

久住書房は残念ながら2015年に自己破産しましたが、久住さんが地域に撒いた種は無駄ではなかったと思っています。

※久住邦晴さん死去 66歳 元「久住書房」社長(どうしん電子版)

0 コメント

お客様ご紹介キャンペーン

北海道新聞の新規ご購読者をご紹介いただくと、紹介者には道内産ななつぼし4キロ、新規にご購読の方にクオカード500円券をプレゼントする「北海道新聞 お客様ご紹介キャンペーン」実施中!!

 

 

◆実施期間:2017年8月21日(月)~9月29日(金)まで

◆対象:2017年10月1日までに購読を開始できる方で、3カ月以上購読される方

◆お申し込み先

お客様ご紹介キャンペーンお申込みのページ、または北海道新聞社販売局☎011-210-5701までお申し込みください(受付時間:平日10時~17時)。


0 コメント

相馬神社例大祭

9月2日(土)と3日(日)、相馬神社の例大祭が行われます。2日は18時開始、3日は11時から開始で、露店は両日とも21時で終了します。

 

天神太鼓の奉納やカラオケ大会、こども相撲大会、ラムネの早飲み大会などのイベントや、野菜・果物直売会が開催されます。また、3日8時30分からこども神輿が巡行します。

 

お問い合わせは、相馬神社社務所☎011-831-3413まで。

 

※平岸界隈イベント情報

0 コメント

北海道マラソン2017 交通規制情報

8月27日(日)北海道マラソンの開催に伴い、交通規制が実施されます。

 

白石・藻岩通(中の島通~平岸通間)では8時から10時まで、平岸通では8時20分から10時25分まで通行止めとなる予定です。

 

大会開催中コース周辺は混雑が予想されます。路線バスも一部運休などのダイヤの変更があります。詳しくは、大会公式サイトをご覧ください。

0 コメント

平岸ハイヤーがサピカに対応 タクシー会社で初

豊平区のタクシー会社「平岸ハイヤー」が27日から、ICカード乗車券「SAPICA(サピカ)」で乗車料金を支払えるサービスを始めます。決済にサピカを取り入れるのは、市内のタクシー会社で初めて。

 

平岸ハイヤーは市内を中心に65台で営業しています。同社は「サピカ導入が顧客の利便性向上と、同業他社との差別化の両方につながると判断した」と説明しています。

 

流通大手イオンの「WAON(ワオン)」など4種の電子マネーも同日から、使えるようになります。問い合わせは平岸ハイヤー☎011-831-8111へ。

0 コメント

メレヨン島の悲劇~餓死の島アップしました

道新りんご新聞公式YouTubeページ先日のFMアップルの放送で大きな反響を呼んだ「平岸と戦争」シリーズから「メレヨン島の悲劇~餓死の島」をアップロードしました。

 

戦争と聞いてもどこか遠くで起きたものと考えがちですが、平岸でも多くの方が亡くなっています。

 

終盤感情移入しすぎてしまい、パーソナリティの清水一江さんと二人で涙するお聞き苦しい展開になってしまいましたが、こういった歴史こそ語り継いでいく必要があると思います。

 

平岸と戦争~メレヨン島の惨禍㊤別れの言葉すら伝えられず

平岸と戦争~メレヨン島の惨禍㊦餓死の島

沼田安太郎の悲劇 二百三高地陥落二時間前の死

射撃場と薬莢よもやま話

月寒忠霊塔と老朽化問題

鯰江部隊と軍馬忠魂碑

“満州のシンドラー”樋口季一郎の知られざるユダヤ難民救済事件

 

司令官・樋口季一郎の無念 自責の念晴れず


0 コメント

ファイターズ応援企画 ペアチケット60名様にプレゼント!!

9月16日~18日のオリックス・バファローズ戦ファイターズ公式戦ペアチケットを60名様にプレゼント(この企画は北海道新聞永田販売所エリアにお住まいの方が対象です)!!

 

ご応募は、お問い合わせのページから、お名前、ご連絡先、道新りんご新聞・販売所に対するご意見を入力して送信してください(FAX・ハガキでもお申込みできます)。

 

締め切りは8月28日。当選者の発表はチケットのお届けをもってかえさせていただきます。

 

※お寄せいただいた個人情報は当販売所において適切に管理させていただきます。また、当販売所から各種ご案内などをお送りする場合がございます。

0 コメント

MEN-EIJI 由仁町の農園でもぎたてとうきびを使った限定ラーメン提供

由仁町豊作会農園(MEN-EIJIホームページより)
由仁町豊作会農園(MEN-EIJIホームページより)

南平岸の人気ラーメン店「MEN-EIJI」が、8月27日に由仁町の豊作会農園でもぎたての「由仁コーン」を使った限定ラーメン「今日世界一美味しい由仁コーンスープの冷たいラーメン」を提供します。

 

MEN-EIJIのホームページによれば、由仁コーンの特徴は糖度20パーセントを超える甘さにあります(スイカ10%位、メロンや桃は12~14%位)。

 

ただ由仁コーンは、鮮度がすぐに落ちてしまうため、もぎたての由仁コーンで作ったラーメンを味わってもらおうと収穫体験と限定ラーメンの提供をセットにしたイベントが企画されました。

 

限定ラーメン以外にも、特製ソースとチリペッパーなどをかけて丸焼きした「メキシカンコーン」や、由仁コーンのシロップをかけた特製ミルクジェラートなども提供されます。

 

詳しくは、MEN-EIJIのホームページをご覧ください。

0 コメント

FMアップル出演情報 「平岸と戦争」特集

毎月第3木曜日午前10時から、FMアップル(76.5MHz)にて「平岸情報ステーション りんご新聞より」を放送中!明日8月17日は、「平岸と戦争」特集としまして、身近な戦跡や平岸での犠牲者にまつわるお話しをいたします。

 

ぼうず山(平岸5-11)にかつてあった軍需工場や、日露戦争から太平洋戦争にいたる動乱に平岸の住民はどう巻き込まれていったのかお話します。

 

 

※過去の放送は、道新りんご新聞公式Youtubeから視聴できます。

0 コメント

道新りんごブログ~月別アーカイブ

過去の記事は、道新りんごブログの月別アーカイブのページを開き、メニューバーからお読みになりたい年月を選んでクリックしてください。