平岸の歴史を訪ねて折り込みました(四ヶ村連合用水と竜神様④)

本日の北海道新聞朝刊に「平岸の歴史を訪ねて 四ヶ村連合用水と竜神様④」を折り込みいたしました。

上の写真は、平岸街道の真ん中を流れていた平岸用水の写真で、左より、明治末頃、昭和初期、埋め立て直前(昭和36年頃?)のものです。

 

この折り込みを書いたときには、どのあたりの写真かわからず掲載してしまいましたが、3月12日に行われた「平岸の歴史とリンゴ」の講演会の中で(講演会の内容についてはこちらのページから)、弘前大学名誉教授齋藤健一先生より、明治末頃の写真は平岸3条2丁目(ザ・ビッグ平岸店のあるあたり)から南側を撮ったものであることが判明いたしました。

 

用水を挟んで右側(西側)の道路を「上の道」、左側(東側)の道路を「下の道」と読んでいたそうです。

「上の道」は、明治14年の明治天皇による北海道巡礼の際、エドウィン・ダンの真駒内の牧牛場へ向かう道として整備され、白い砂利が敷き詰められた整備の行き届いた道路でした。

対象的に、「下の道は」未整備で凹凸が激しく、雨が降ると水たまりやぬかるみがひどかったそうです。

 

真ん中の写真は、昭和のはじめ頃のもので、電信柱が建ち、自転車をこいでいる人が写っています。

 

右の写真は、平岸用水が埋め立てられる直前のものです。

このころには、用水は悪臭を放つドブ川のような状態となり、本来の目的であった農業用水としては利用されなくなっていました。

やがて、用水を埋め立て道路を拡幅し、現在の平岸通となったのでした。

 

左の写真の場所は判明しましたが、真ん中・右の写真は不明です。

右の写真には、「木の花医院」「中出医院」とあります。

ご存知の方おりましたら、教えて下さい(どのあたりからどちらの方角を写したのか)。

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    ふく (日曜日, 20 3月 2016 11:23)

    右の写真です。3件の病院の看板ですが、中出医院、現中出歯科クリニックは米里行啓通と末広通の交差点にあります。木の花医院は平岸街道と米里行啓通の交差点、写真屋さんの隣りにありました。側見医院は末広通と昭和通の交差点、中央信用組合の向いにありました。

    写真は昭和通から米里行啓通の間ではないでしょうか?

  • #2

    道新りんご新聞 (日曜日, 20 3月 2016 17:58)

    ふく様、コメントありがとうございます。
    地図で確認しましたが、ご指摘のとおり、昭和通ー米里行啓通の間と考えるのが正しそうですね。

    中出医院と木の花医院が写真手前側、側見医院が奥側にあることから米里行啓通側から南方向を写したものでしょうか。
    写真左の(たぶん)札幌軟石でできたりんご倉庫が特定できれば、さらに範囲を狭められそうです。
    今度、そのあたりでりんご農家をやっていた方に、話を聞いてみたいと思います。

    真ん中と右の写真は、平岸小学校の開校80周年記念誌に掲載されたものですので、その当時の編集委員がご存命ならば、もっとはっきりしたことがわかるかもしれません。
    ただ、50年近く前のことなのでちょっと厳しいかもしれませんね。

    貴重な情報をご提供いただきありがとうございました。

  • #3

    ふく (月曜日, 21 3月 2016 08:57)

    木の花団地が完成するのは、1959年(昭和34年)です。
    当時は高級な市営住宅みたいです。当時はりんごの花やポップの花が咲く地域だたっんだでしょうねでしょうね。木の花の地域名があるのはそれ以降だど思われます。
    子供のころ、近所に果樹園が何件ありましたので、食べたら酸っぱかったなぁ。

  • #4

    道新りんご新聞 (火曜日, 22 3月 2016 02:16)

    ふく様、今月の広報さっぽろでも掲載されていました(3月5日道新りんごブログ参照)が、木の花団地は北海道で最初の近代的な集合住宅であり、当時の道民のあこがれの的だったようですね。
    木の花団地は、平岸が果樹園から住宅街へ転換するきっかけとなるターニングポイントといえるのかもしれませんね。