平岸高生がオリンピック招致テーマに雪像作り さっぽろ雪まつり

水を混ぜた雪で雪像の形を整える札幌平岸高の生徒(1月25日北海道新聞より)
水を混ぜた雪で雪像の形を整える札幌平岸高の生徒(1月25日北海道新聞より)

※1月25日北海道新聞朝刊17面より

さっぽろ雪まつりの大通会場で、平岸高校のデザインアートコースの生徒が、札幌の冬季五輪招致をテーマにした雪像作りに励んでいます。

 

制作しているのは幅8メートル、高さ5メートル、奥行き5メートルの中雪像。2月に平昌五輪が開かれることなどにちなみ、「SAPPORO」の文字が入った聖火の周りを、日本食を代表するおにぎりやすしが囲むデザインにしました。考案した1年佐藤文香さんは「自分が描いたものが、大きな雪像になるのはうれしい。完成するのが楽しみ」。

 

同校では他校にはない経験をしてもらおうと、実行委の協力を得て、授業の一環として2006年から雪像製作に取り組んでいます。実行委によると、市民雪像を除き、高校生が主体となって製作する雪像は唯一という。製作は18日から始まり、1、2年生の計53人が火~金曜日に交代で約1時間半ほど作業しています。24日は1年生40人が水を混ぜた雪を雪像に貼り付けたり、ノミで削ったりして形を整えました。完成は30日の予定。

 

さっぽろ雪まつり大通会場は2月5日に開幕し、12日まで。

 

北海道新聞1週間無料お試しキャンペーン実施中!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    水沢出身者 (月曜日, 29 1月 2018 20:54)

    道新りんご通信の水沢人の平岸植民の話を読んで感動しました。

    ひょっとして写真の札幌平岸高の生徒達も水沢人の血を引いているのかも。

    歴史ロマン,涙が出てきます。

  • #2

    道新りんご新聞 (木曜日, 01 2月 2018 11:54)

    コメントありがとうございます。
    平岸には明治4年62世帯が水沢近郊から入植しましたが、明治半ばにはわずか4世帯、現在では3世帯の子孫が残っているのみです。しかしながら、彼らが残してくれた開拓の基盤はいろいろな面で今に引き継がれていると思います。今後とも道新りんご新聞をご愛読いただきますようよろしくお願いいたします。