りんご編

平岸は戦前には国内有数のりんごの産地として、ウラジオストクやシンガポールなど海外にも輸出されていました。「平岸の歴史を訪ねて りんご編」では、平岸が日本を代表するりんごの産地となっていく経緯や、世界に輸出された栄光とロシア革命や日中戦争といった世界的な大事件に巻き込まれていく苦難の歴史を徹底的に掘り下げてお届けします

 

※北海道新聞永田販売所エリア在住の方には、無料でバックナンバーお渡ししています。ご希望の方は、お気軽にご連絡ください。


第52回.りんごはどこから来た?(2017/7/15号)

りんごの原産地は中央アジア。そこからヨーロッパ・アメリカを経て明治初頭北海道に「洋りんご」が輸入されました。そのうちの一つがカリフォルニア産の「マッキントッシュ」であり、“旭”という日本名で定着。昭和25年、このりんごの品種名と街の発展に期待を込めて、豊平地区の一部が旭町と名付けられました。りんごは豊平区の象徴とされ、区のシンボルマークとなっているほか、ゆるキャラ(こりん)のモチーフにも採用されており、今でも豊平区民に広く愛されています。

第53回.ルイス・ベーマー(2017/8/1号)

明治5年、北海道に洋式農業を普及させるための農業教師として赴任したルイス・ベーマー。ベーマーはりんご以外にもタマネギ、キャベツ、じゃがいも、かぼちゃ、メロンなどといった野菜類を北海道に持ち込み、現在に続く北海道の農業基盤を整えました。

第54回.りんごの伝道師となったサムライたち(2017/8/15号)

日本人にとって馴染みのなかった西洋りんごが短期間のうちに北海道に定着した裏には、開拓使の農業教師ルイス・ベーマーの的確な指導と、その教えを吸収し、農家へ普及させた伝道師となったサムライたちの存在がありました。彼らは、戊辰戦争がなければそれぞれの藩の将来を担っていたであろう文武に秀でた若者たちでした。

第55回.りんご実る(2017/9/1号)

明治8年開拓使から平岸村にりんご425本が配布されます。しかし農家にしてみれば、西洋りんごという見たことも、食べたこともないものを半ば強引に押し付けられ、困惑してしまいました。残念ながらその多くは冷遇され、住居の片隅に乱雑に試植されていたにすぎませんでした。

第56回.金の成る木と水原寅蔵(2017/9/15号)

日本で最初のりんごの民間果樹園は、水原寅蔵によって中島公園に開かれました。その規模は、敷地面積1万坪、りんごの本数700本、収穫年均3万斤(1斤=450グラム)であり、年収に換算すると600円あまりになります。当時、小学校教師の初任給が8円、巡査の初任給が9円という時代ですから、りんごはまさしく金の成る木といえます。明治14年には、明治天皇の札幌行幸の際に水原果樹園のリンゴが献上され、金一封が与えられ、「水原りんご」は高い名声を博しました。

第57回.遊郭経営からりんご栽培へ(2017/10/1号)

すすきのは当時遊郭地帯でした。その中でも一、二を争う遊郭が「北海楼」であり、その経営者が髙瀬和三郎です。髙瀬は、水原果樹園に影響され、平岸に大規模なりんご園を開きました。髙瀬果樹園はその後、その一部が柳田果樹園となり、平岸2条5丁目には大正末に建てられた札幌最古とされるレンガ作りのりんご倉庫が今でも残されています。

第58回.新たなる入植者たち(2017/10/15号)

平岸の開拓は、明治4年の水沢藩士を中心とした62世帯202人の移住に始まりました。当初の予定では、水沢の名産品である“麻”を植え、生計を立てる計画でしたが、平岸は土地が痩せており、次第に収穫も落ち、前途に失望した人々は次々と平岸を離れていきました。かわって平岸に入植してきたのが、札幌中心部で資本を蓄えた商売人たちです。彼らは“平岸第2世代”として平岸の発展に大きく貢献していくことになります。

第59回.りんご景気(2017/11/1号)

第一次世界大戦をきっかけに起こった“りんご景気”。「欧州大戦でりんごの値段は良くなった。普通の年は、一斤(450グラム)一銭五厘か二銭なのに十銭にもなった。」(石田東祐談・平岸百拾年収録)そうで、平岸街道沿いにモダンな屋敷が立ち並ぶ豊かな農村風景は、この時代の好景気によって形作られ、その美しさは久保栄の戯曲・林檎園日記のモデルともなりました。

第60回.新撰組隊士 りんごを統率(2017/11/15号)

北海道で活躍した新撰組といえば函館戦争で戦死した土方歳三や樺戸集治監で剣道教師を務めた永倉新八が有名ですが、他にも元隊士が札幌にいました。開拓使に採用され、のち果樹園を経営した阿部十郎です。北海道果樹協会を発足させて、りんごの普及に大きく貢献した阿部の歩みをたどります。