りんご編

平岸は戦前には国内有数のりんごの産地として、ウラジオストクやシンガポールなど海外にも輸出されていました。「平岸の歴史を訪ねて りんご編」では、平岸が日本を代表するりんごの産地となっていく経緯や、世界に輸出された栄光とロシア革命や日中戦争といった世界的な大事件に巻き込まれていく苦難の歴史を徹底的に掘り下げてお届けします

 

※北海道新聞永田販売所エリア在住の方には、無料でバックナンバーお渡ししています。ご希望の方は、お気軽にご連絡ください。


第52回.りんごはどこから来た?(2017/7/15号)

りんごの原産地は中央アジア。そこからヨーロッパ・アメリカを経て明治初頭北海道に「洋りんご」が輸入されました。そのうちの一つがカリフォルニア産の「マッキントッシュ」であり、“旭”という日本名で定着。昭和25年、このりんごの品種名と街の発展に期待を込めて、豊平地区の一部が旭町と名付けられました。りんごは豊平区の象徴とされ、区のシンボルマークとなっているほか、ゆるキャラ(こりん)のモチーフにも採用されており、今でも豊平区民に広く愛されています。

第52回.ルイス・ベーマー(2017/8/1号)

明治5年、北海道に洋式農業を普及させるための農業教師として赴任したルイス・ベーマー。ベーマーはりんご以外にもタマネギ、キャベツ、じゃがいも、かぼちゃ、メロンなどといった野菜類を北海道に持ち込み、現在に続く北海道の農業基盤を整えました。